フコイダンエキス3つの違いと効果と割安購入方法

フコイダンエキス2つの違いと効果

ご案内は一時中止して内容を掲載しております。

高濃度フコダインエキスでがんをアポトーシス!

フコイダンが何故 がんを枯渇できるのか?

◆ がんは糖分が大好き♪
◆ がんの栄養源をカット!!
◆ 血管新生をストップ阻害!
◆ 増殖を抑え・枯渇させます♪

がんを 枯渇・アポトーシス させるから!

ガンは糖が大好き! その性質を利用して アポトーシス!!
そのため、分子構造をガンの好きな形にして体内に入れると吸収しようと引き寄せられてきます。
実験考証にあたりマウスに癌幹細胞を皮下移植した後、フランDグルコースを希釈した水を自由に与える一群と、 通常の水道水を自由に与える一群に分け、それぞれグループを観測した結果、フランDグルコース希釈水を与える一群で 100%の癌成長阻害率を示現、その効果を製品化したのがフランDグルコースです。


<ガンに有効なフコキサンチン>

フコキサンチンとは?
フコキサンチンとは、ヒバマタなど褐藻類の海藻にわずか0.001%しか含まれない茶褐色の天然色素(カロテノイド)成分です。

ヒバマタ海藻から1%のフコイダンが抽出され、そのフコイダンからさらに0.1%しか抽出することができないという、とても貴重な成分です。

フコキサンチンは、その有用性(アポトーシス)が2009年に学会において発表され、フコイダンとの相乗作用が期待される全分子フコイダンエキスの重要な構成要素です。

最新医療情報:  CAR−T療法  ANK免疫療法とは? 放射線療法とは?

◆ 賢い糖質制限HowToDo

◆ ガンを治す! いろいろ情報

樹木希林さんや、パンダさんが受けたという ピンポイント照射療法は放射線治療ですが、初期がんにしか対応できず高額が難点です。

フコイダンエキスの種類とおススメな購入方法

フコイダンエキスの違いはフコイダンの分子量の違い



フランDグルコースは、シンゲンメディカルの長年の補完サプリメント研究に基づく
特許取得の 補完サプリメント 成分です。

あえて処方のいらない補完サプリメントとして開発することで、どなたにも安心してお召し上がりいただくことができるようになりました。

フランDグルコースは、グルコースを基盤とした独自成分で、あえて処方を必要とせず容易に摂取可能な「サプリメント成分」として開発しました。 2015年に学会においてその有用性が発表され、様々な分野から高い関心を得ています。また2017年には、補完サプリメントとしての特許を取得。 下記3種類、FDG1000と全分子フコイダンエキスに高濃度に配合されています。

フコイダンエキス2つの違いによる使用例は?

◆ 今すぐ治療が必要な方へ! → 全分子フコイダンエキス 2000
※ 吸収の良い超低分子と、高濃度な成分による全ての分子特性を併せ持つ全分子フコイダン。

※ 低分子のフコイダンは、直接患部に届かないがんや肝臓がんなどで治療効果が確認されています。

◆ 継続治療中の方へ!→ スタンダードタイプ、全分子フコイダンエキス 1000
※ 術後間もない方、体力をつけ手術をお待ちの方などにじっくり効果が期待の全分子フコイダン。

 全分子フコイダンエキスとは?

< ご飲用者様の お体の状況に合わせて 製品をお選びください >

ご案内は一時中止して内容を掲載しております。

【ガンを枯渇!】p53誘導体含有の唯一の補完サプリ全分子フコイダンエキスの3種類の効果や飲みかたお申し込み方法をご案内しています。シンゲンメディカルの長年の補完サプリメント「フランDグルコース」を探しの方へ3種類のフコイダンの違いや効果情報を提供しています。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、などを調べて、感想、評価、評判なども調べていく予定です。

【アクセス解析】