CAR―T細胞療法 最新がん治療情報

CAR―T細胞療法でガンをやっつける!

新しい免疫治療 CAR―T細胞療法
フランDグルコースのTOP頁に戻る

「CAR-T療法」とは?
(Chimeric antigen receptor)「キメラ抗原受容体」療法。

患者から採取した「T細胞」に遺伝子操作を加えて「体外で培養し」、 再び患者の体内に入れる療法です。

「キメラ抗原受容体」を持つT細胞は、がん細胞に出会うと細胞傷害性たんぱくを放出することで、がん細胞を死に至らしめます。

※ 2013年に発表された研究では、CAR-T療法はこれまでに行われてきた抗体療法よりも抗腫瘍効果が強力であると語られています。
ただ、CAR-T細胞内の信号が常に活性化状態を維持させるということは、攻撃を継続することにより 「正常細胞への攻撃」もずっと継続させることになり「激しい副作用」も招いてしまいます。

何故T細胞に変化を与えてがん治療をしようとするかというと、細胞表面にあるシグナルの違いです。
細胞表面にあるシグナル(センサー)には糖鎖とペプチドがあります。

※ NK細胞のセンサーというのは、何十種類もあり、糖鎖に反応するものもたくさんあります。

がんは糖に反応しますので、センサーとして有力なのは糖鎖なのですが、「糖鎖は遺伝子レベルの制御が出来なく」 ”ペプチドは、ある程度まで、遺伝子レベルで制御できるので” 研究対象とされています。 この記事を調べるの当たり学会の情報を読んでいると「研究費の獲得」のためにあまり有用ではなくても 「やりやすい研究」テーマを取り上げる ということに対する指摘を見ました。

T細胞で、1000億個のNK細胞に匹敵する攻撃力を確保しようとすると、兆の単位の細胞数が必要なのですが 今の段階では遺伝子操作がしやすいセンサー= ペプチドを持つT細胞の研究しか進んでいないのが実情です。

CAR−T療法をどこまで発展、改良させても、遺伝子を導入するというやり方では、ペプチドしか制御できないので 細胞認識能力の向上には限界があるようです。

ここまでですが、自分でこの記事を読んだ範囲では、副作用面を考えるとまだ取り入れ難しいように思いました。
、 研究陣の努力には敬意を感じておりますので、さら一層のご進展をお祈りしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記は、他の「がん情報」に掲載させていただいた記事ですが、日本の医療情報の状況としてご参考にしてください。

2018年3月6日の朝日新聞の記事より :

免疫細胞の攻撃力を遺伝子操作で高めるがんの免疫療法「CAR(カー)―T(ティー)細胞療法」について、肺がんなど固形がんの治療に効果を示す新手法を山口大学の玉田耕治教授らの研究チームが開発した。

がん細胞をマウスに移植して確かめたという内容で、5日付の米科学誌ネイチャーバイオテクノロジー電子版に発表した。
CAR―T細胞療法は、患者から取り出した免疫細胞を遺伝子操作してがんを攻撃する力を高めて再び体内に戻す治療法であり、 これまでは、「急性リンパ性白血病など血液がんの治療」で米国などで承認されている。

※ 固形がんでは効果はまだ確立されていない。

 玉田教授らは、T細胞という免疫細胞にがんの表面にある特定のたんぱく質にくっつく分子と、T細胞を活性化させる「インターロイキン(IL)7」と、「CCL19」という二つの生理活性物質を遺伝子操作して導入した。

 肺がんなどの細胞を移植したマウスに、CAR―T細胞療法をしたところ、ほぼすべてでがんが消失し生存期間が4カ月以上であり、 血液がんの治療に使われる従来のCAR―T細胞療法では大半の生存期間が約2カ月以内だった。
 再びマウスにがん細胞を移植しても増殖しなかったほか、遺伝子導入した免疫細胞だけでなく、もともとマウスの体内にあった免疫細胞も活性化したという。
 玉田教授は「固形がんでこれほど効果が出たのは他に例がないのではないか。2年以内に臨床研究につなげたい」と話している。(服部尚)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー 転載此処まで
という記事でした。
詳しく調べてみますと私の大好きな(笑)胸腺 で出来るT細胞を使っての免疫療法でしたが、 此処の所注目の「糖鎖」がT細胞は無いことが判明 ごくわずかにしかまだ戦うことができない様子でした。

昔 ドラゴンクエストというゲームをしたことがありましたが、最初は装備が貧相で、経験値で蓄えた武器を装備して戦っていくものですが・・・ 日本の医療も、強くなっていってくれること期待しております。

フランDグルコースのTOP頁に戻る

このサイトでは、お得に商品が購入できるように楽天やアマゾン、Amazonなどのネット店舗やドラックストアなどのお店の価格を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルセット、トライアルキットがあるか、商品の特徴などのポイント、値引きや返金、返金保証はあるのか?などの情報を掲載する予定です。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、デメリットを分かりやすく紹介し、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報、ヤフオク、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、ユーチューブ、動画やNAVERまとめ、アットコスメ、@コスメなどの情報も掲載していく予定です。